FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aventura K.O.B.

メキシコに移り住んで8ヶ月くらいたつのですが、3回目、通算5年のメキシコ生活には満足しつつも、やっぱりドミニカ共和国に住んでいたころのように音楽を身近に感じられないのがなんともさびしかったりします。逆にやっぱりドミニカ共和国には本当に音楽があふれていたなぁ~と実感。

なかなかネット環境が整わなかったせいですっかり更新も滞り、音楽自体から少し遠ざかっていたのですが、復活。

ここ数ヶ月の間、いいアルバムも出て、音楽シーンにもいろいろ動きがあったのでボチボチ更新して行こうと思います。

と、言うわけで。
やっぱりAventuraの最新アルバム(って、ずいぶん時間たっちゃいましたが)について書かないわけにはいきません。

K.O.B.: LiveK.O.B.: Live
Aventura


Amazonで詳しく見る


もう、すでに聴いた方も多いと思いますが、Live版で味わうとまた違うAventuraの魅力を感じます。
3部構成になっていて、1は新曲、2はヒット曲、そして3はDVD
1ではLos Infielesがシングルカットされていて既にヒットを収めていますが、個人的にはMi Corazoncitoが好きです。
2はドミニカ共和国時代に聴いていた曲ばかりなのでドミニカを思い出します。そして!DVDはMadison Square GardenとAltos de ChavónというNYとドミニカ共和国の最高峰であるコンサート会場での演奏が収録されています。

うーん。そろそろ日本にも来ていい頃だと思うんですが、どうでしょう?(って言うかなんでメキシコには来ないんだ!Hondurasとかには来てるのにぃ~)
毎回噂は流れますが、いまだ実現していないAventuraの来日。実現するまでこのDVDで我慢。


スポンサーサイト

Antony Santos en el Casandra 2007

ずいぶご無沙汰してしまいました。昨年の夏にメキシコへ引っ越して以来忙しかったのと、なかなかネット環境が整わなかったのが理由で更新出来ない状態でしたが、ようやくネット環境が整ったので久々の更新です。

毎年3月下旬の恒例イベントCasandraが今年もやって参りました。
Casandraに関してはこのブログで過去にも取り上げてますのでよかったらどうぞ。
2006年http://chamoy.blog4.fc2.com/blog-entry-59.html
2005年http://chamoy.blog4.fc2.com/blog-entry-10.html

さて。
やっぱり私が気になるのはBACHATA部門 今回、大いに盛り上がりました。毎回大激戦のAgrupacion Bachatera(BACHATAグループ)ですが、ノミネートは
Frank Reyes
Zacarias Ferreira
Yoskar Sarante
Antony Santos
Raulin Rodriguez

・・・でしたが、やっと!Antony Santosが受賞しました。受賞シーンのビデオはこちら↓ 会場は師匠と愛弟子のオンステージとなりました。
Antony Santosの受賞ではAventuraのRomeoが感極まって涙を流すシーンも。


BACHATA関連の受賞結果を載せておきます。
Concierto del Año(最優秀コンサート賞)
Aventura on time (Aventura)
授賞シーンのビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=GJBByCBg9nc

Compositor y/o Autor de Letras (最優秀作曲・作詞賞)
Anthony "Romeo" Santos

Agrupación Popular Destacada en el Extranjero (海外で最も活躍したグループ)
Aventura
受賞シーンのビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=LxKH2fxFKMI

Bachata del Año
"Princesa" Frank Reyes y Rafael Cespedes

Grupo de Bachata del Año
Anthony Santos

遂に解禁【追記あり】

labios compartidos


ようやくManáの新曲Labios Compartidosが解禁になりました。
7月10日からとのことでしたが、実際には数日前に既に入手済み。
ちょっとバタバタしてたのでUPするのが遅くなってしまいましたが、まだ聴いていない方はこのブログの左上にあるLabios Compartidos Manáをダブルクリックして聴いてみてください。

いやぁ~・・予想していたよりもいい出来です!
早くアルバム全部聴いてみたいですね。

そのアルバムの方は以前にも書きましたが8月22日に発売予定。
同日からツアーに入りますが、既にプロモーションツアーは始まっていて、先日もスペインに行っていたみたいです。

新しいアルバムAmor es Combatirの中で楽しみなのはやっぱりJuan Luis Guerraが共演しているBendita Luzですね。しかも、この曲、なんとBACHATAなんですよ!これは驚き。遂にManáもBACHATAやるんですね。
まあ、もともとManáはカリブ音楽に強い影響を受けた音楽性のグループだったので、特に違和感はないのかもしれないですが。もう、これはとっても楽しみです。

しかし、それにしても、今回はManáのレーベルであるWarnerはめちゃめちゃやる気(売る気)満々ですね。今回もかなりのヒットが期待できるのではないでしょうか。

とにかく期待度大ですね!
Amar Es CombatirAmar Es Combatir
Maná


Amazonで詳しく見る


【追記】
PVを貼り付けておきます。(ちょっと音質が悪いのですが)
なかなかいい出来のPVではないでしょうか。映像と音楽(歌詞も含め)が合っているし。

で。
Labios Compartidosの曲自体は7月10日に解禁になりましたが、このPVは1日早く9日に解禁になっています。・・9日・・そう、サッカーワールドカップの閉会式でこのPVが流れました。(ハズ)
いやぁ~、本当にWarnerはプロモーションすごい力入れてますね。
これは売り上げ期待大ですね。

Aventura 最新作

思いがけずAventuraの最新曲Los Infielesを入手。早速このブログのMP3 PLAYERにUPしたので、良かったら左上のMP3 PLAYERをクリックして聴いてください。

3月に入っていた情報によると新しいアルバムは年内(12月ごろ)発表予定でタイトルはK of B(King of Bachata)だったのですが、現時点では表記がK.O.Bに変更になってました。発売予定日や収録曲など詳細はまだ発表になってないですね・・なので、このLos Infielesがファーストシングルになるか(と、言うか本当にアルバムに収録されるのか)も今のとこと不明なのですが、ま、恐らく大丈夫でしょう。

最新作、どんな感じか楽しみだわ。

Hips Don't Lie , Baila en la calle

もうすぐサッカーワールドカップ開幕。ご存知の通りラテンアメリカの多くの国ではサッカー熱はすさまじく、ワールドカップ開催中は仕事も学校もそっちのけでサッカー観戦。
そんな4年に一度の大イベントなわけですが、当然ラテンアメリカ以外の国でも注目される大会でもあるわけで、フランスで開催されたときにRicky Martinがテーマソングを歌って大ブレイクし全世界でのラテンアメリカ音楽への注目度がアップ。

そして、今回は同じくラテンアメリカ音楽界からShakiraがファイナルでパフォーマンスすることが決まっています。
と、言うわけで今回はワールドカップShakira祭り。

まず、ワールドカップ・ドイツ大会公式アルバムの中に収録されているShakiraのHips Don’t Lie Bamboo これがワールドカップバージョンです。
VOICES~2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会 公式アルバムVOICES~2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会 公式アルバム
オムニバス イル・ディーヴォ with トニ・ブラクストン ジョーゲン・エロフソン


Amazonで詳しく見る

このブログの左端上にあるMP3 PLAYERに入れておきましたので、良かったら聴いてみてください。

それから、このHips Don’t Lieのスペイン語バージョンがSerá Será
こちらもMP3 PLAYERにUPしておきました。(Hips Don’t Lie Bambooの次に入ってます)個人的にはやっぱり英語よりスペイン語のほうがいいなぁ。

そして、最後にノーマルなHips Don’t Lie
Hips Don't LieHips Don't Lie
Shakira


Amazonで詳しく見る

3つの違うバージョンをご紹介しましたが、全部Wyclef Jeanと共演。Wyclef Jeanは説明するまでもないかもしれませんが、世界でもっとも有名なハイチ人ミュージシャン。あの伝説のグループFugeesでの活動から現在はソロで活躍している人です。
このHips Don’t Lieではハイチ音楽が絶妙にコロンビア音楽と絡み合っておもしろい音に仕上がっていると思います。
PVでもどうぞ↓


が。
ひとつ、問題があって、この曲の中の‘Baila en la calle’と言う部分が問題になっています。と、言うのも、この‘Baila en la calle’と言うのはドミニカ人ミュージシャンLuis Díasの曲からの無断使用であり、Luis Días側は訴える構えを見せています。
Wyclef Jeanへのインタビューでは、Wyclef JeanはLuis Díasの曲から使用したことをあっさりと認めていて、逆に「この曲では複数の素晴しいリズムを混ぜ合わせるていて、‘Baila en la calle’はそのうちのひとつである」と言っています。
今後Luis Díasがどう動くか注目されていますが、これを機にハイチとドミニカ共和国の素晴しい音楽をさらに多くの人に知ってもらいたいなと思います。

そんなわけで話が少しそれましたが、ワールドカップの盛り上がりと共にラテン音楽もさらに盛り上がって欲しい・・・Shakiraのパフォーマンスがどのようになるのか・・楽しみですね。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。