FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iiQué viva el MERENGUE!! 修正版

久しぶりのMerengue・・と、言うことで今回はど~んと行っちゃいましょう的Merengueオールスター

今回ご紹介するPVは本当にドミニカ共和国のMerengue界を代表するトップアーティストの夢の共演です。
2005年に作られたものですが、中堅を中心に新旧のトップスターの絡みを楽しめます。

さて、登場人物、何人わかるかな??
BACHATAもそうですが、MERENGUEでもclicheと言う決まり文句が必ず入ります。例えばPeña SuazoだとDurísimoと言った感じに。
いろいろなclicheも聴けるので聞き分けてみてください。

このPVはサントドミンゴの雰囲気が良く出ていて、懐かしくなってPRESIDENTE飲みたくなってしまいました。




さて。
今年も「メレンゲの夜」がNYで開催されます。(6月24日)
この超豪華メンバーで!!これで17ドルからチケットがあるなんて~。
出演メンバーは上に貼ったPVとほぼ同じですね。
行きたいよー。特にJohnny Venturaはステージからの引退を既に表明しているので、彼の海外公演はこれが最後かもしれません。ドミニカ共和国でも今後観られなくなるのかと思うと寂しいですね。
NY周辺の皆様はぜひ。

noche de merengue


スポンサーサイト

MESA QUE MÁS APLAUDA!!

MERENGUEはドミニカ共和国が世界に誇る音楽。・・・なのだけど、時々ドミニカ共和国以外の国のMERENGUEが大ヒットすることもある。ちょっと古いけど、数年前にPUERTO RICO発のELVIS CRESPOのSUAVEMENTEがMEGA HITしたことがあった。
当時メキシコ在住だったけど旅行でドミニカ共和国へ。(まさか数年後に住むことになるとは・・)
ドミニカ人はドミニカ共和国のMERENGUEしか受け付けないかと思いきや・・・SUAVEMENTE大流行!
あまり、国産にはこだわっていないようでした(笑)

Za Za ZaZa Za Za
Grupo Climax


Amazonで詳しく見る

そして、2004年に全ラテンアメリカで大流行MERENGUE・・・それもなんとMEXICO発!
とにかく、去年はこのCLIMAXのEL ZA ZA ZA(MESA QUE MÁS APLAUDA)が流行りに流行った。
今でもまだけっこうかかってます。

この曲、メキシコのTV局 TELEVISAの BIG BROTHERという番組でかかっていたことでまず、メキシコで大ヒットしだした。BIG BROTHERは男女数名が同じ家に住んで、その様子をテレビで放送して、人気投票で最下位の人が抜けて行って、最後に残った人に賞金が出ると言う番組ですが、すごく人気のある番組です。でも、BIG BROTHERって確か世界中でやっている番組だったような。
ドミニカ共和国にもドミニカ版があって、しかも、ガラス張りの家になっていて外から家の中が見えると言うものでした・・。

一度聴いたら耳から離れないこのへんな歌詞!
と言うわけで、少し歌詞を載せておきます。

Mesa que más aplauda sí,
mesa que más aplauda no
Mesa que más aplauda le mando
le mando le mando a la niña
za za za yakuza, yakuza (4x)


los de Jalapa (za,za)
Orizaba (za,za)
los de Córdoba (za,za)
Poza Rica (za,za)
Minatitlán (za,za)
Coatzacoalcos (za,za)
Ciudad Mendoza (za,za)
Alvarado (za,za)
Ciudad Cardel (za,za)
y los Jaroooooochos

↑これ、全部VERACRUZの地名です。
el Necaxa (za,za)
el Toluca (za,za)
el Cruz Azul (za,za)
los Pumas (za,za)
las Chivas (za,za)

EL AMÉRICA..... QUE CHINGUE A SU MADRE¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡¡

Arriba los Tiburones

↑これはメキシコのサッカーチームの名前。
そう、EL AMERICAも LOS TIBURONESもメキシコのサッカーチーム。LOS TIBURONESはVERACRUZのサッカーチームです。だからARRIBA (万歳!)なのですよねー。
歌詞を見てわかるとおり、かなりメキシコ~な内容です。っていうかメキシコ知らない人にはまったく理解できない地名とかじゃないでしょうか・・。
で、EL AMERICA CHINGE SU MADRE! で ARRIBA LOS TIBRONES!!と聴いて、「あ、なるほどね」と思ってしまいました。道理ですごいマイナーな地名のオンパレード。


それにしても、CHINGUE SU MADRE!って聞いたときにはこけそうになりました(笑)。これ、放送禁止用語でしょー。でも、ドミニカ共和国はCHINGARは使わないので放送禁止用語ではないようで、最初どうどうとかかってましたが、そのうちさすがにその部分だけ音が抜いてありました。

ま、VERACRUZの曲だってのはわかりましたが、それにしても変な曲というか歌詞だなぁーと思っていました。で、メキシコに行ったときにも、かかっていたので、メキシコ人の相方に「あ、この曲ドミニカ共和国でも流行ってたよー」と言うと「この曲、なんの曲だかわかる?」と聞かれました。
「うーん。なんかのパーティーとかを盛り上げる曲?」と聞いたら、相方君。

「ES UNA CANCIÓN TEIBOLERA」←ストッリプの曲

う~ん・・なるほど。
だから
MES A QUE MÁS APLAUDA
LE MANDA LA NIÑAなのかー。納得。
ちなみに相方いわく、この曲はVERACRUZのストリップでDJが始めた曲なんだそうです。






全速力!Merengue!

Amarfis Y la Banda de AtakkeAmarfis Y la Banda de Atakke
Amarfis Y la Banda de Atakke

Sonolux 1998-12-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る

とにかく私がサントドミンゴにやってきた2003年によく耳にしたのがこのAmarifis Y la Banda de Atakke

Amarifisはドミニカ人だけど、NYで音楽の勉強をしていたと言う経歴を持っていて、それが音にすごく出ていると思う。

Merengueと一言に言ってもいろいろなカラーがあるけど、Amarfis
のMerengueは都会的疾走感のあるMerengue

とにかく踊るにはもってこい!
このスピード感!が気持ちいい。

私は彼らのLangostaがかかるともう、じっとしていられません・・。でも、この曲、放送コードに引っかかるとかで放送禁止の憂き目にあっているのですが、そんなに卑猥か?

最新アルバムの写真がなかったので、ちょっと古いアルバムなのですが、これぞサントドミンゴのMerengueを聴きたい方にお勧め。

ちなみに曲の中でよくEspecialmente para los choferes de sabana・・・と言った感じでよくsabanaと言っていますが、これはサントドミンゴ近郊の街のこと。
Amarfisはsabana出身。
まさしく、sabana行きのGUA GUA(バス)の中で、かかっていそう。それも、全速力のGUA GUAの中で。


Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。