スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観るべし!

B00006C7E2アモーレス・ペロス ― スペシャル・コレクターズ・エディション
ガエル・ガルシア・ベルナル エミリオ・エチュバリア ゴヤ・トレド

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2002-09-27
売り上げランキング : 6,117

今更だけど、私の大好きな映画。メキシコはお隣がアメリカだからもろにハリウッド映画の支配を受けていて、メキシコ国の映画界は低迷が続いていたけど、ここ数年がんばっていると思う。

ラテンっていうとなんだかとっても明るいイメージだけど、この映画のテーマは重い。メキシコ在住4年、長い期間ってわけじゃないけど、メキシコに住んでいた私はこの映画のテーマが痛いほどよく伝わってきた。

日本とはいろんな意味で社会構造が違うので、日本人にとってはなんだか突拍子もない展開のように思えるかもしれないけど、メキシコシティーに住んでいた感覚から言うと、この映画の展開は実際に起こるかどうかは別として、人間の感情と言う意味ではかなり「現実味」があった。

そして、映画のスピード感を出していたのが、この映画の中で話されているスペイン語。メキシコではスペイン語が話されているけど、メキシコのスペイン語、とりわけメキシコシティーのスペイン語はものすごく特徴がある。メキシコシティーの連中のことをCHILANGOSと呼ぶけど、まさにCHILANGOSのスペイン語100%!
最初メキシコで観たとき、これをどうやって日本語に訳しているか・・すごく興味を持った。その後、日本でみたら驚くほどよく訳せていたと思う。あれを訳した人!偉い!!

メキシコシティーの臨場感を味わえる作品です。


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://chamoy.blog4.fc2.com/tb.php/3-496ee292

AMORES PERROS
昨夜、ヴィデオで観た「アモーレス・ペロス」(1999年)の感想です(上の写真は、映画とは関係ないサパティスタの解放区の写真@転載です。ここにもAMORES PERROSが! )。公開時に見逃して気になっていた作品である。メキシコのアレハンドロ・ゴンザレス監
AMORES PERROS
初めて観るメキシコ映画。「AMORES PERROS」。前評判は随分聞いたけど、内容についてはもちろん無知識。直訳すると「犬のような愛」らしいけど、「犬並みの人生」という事か。その「犬」が死ぬシーンから物語は始まる。1話目とりあえず、最低な男達ばかりが出てく...

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。